2014年07月17日

エスカレーション

エスカレートするご近所戦争
デザイナー:Reiner Knizia
プレイ人数:2〜6
プレイ時間:15分
3star.png
g2.jpg
DSC00341.JPG


どんなゲーム?

順番に前のプレイヤーよりも大きな数のカードを出していき
出せなくなったら
それまで出されたカードが全てマイナス点となって襲い掛かる

一番失点が少ない人が勝ち



コンポーネント

1〜13の数字が書かれたカード
DSC00342.JPG
数字がでかいほど凶悪な絵柄になってる

特殊カードが2種類
DSC00353.JPG
1-7は1〜7のどの数字にもできるワイルドカード
△は手番をパスできる



ゲーム内容

手札は常に6枚
DSC00349.JPG

ここから1枚を選んで 場に出す
DSC00344.JPG
(出したら 手札が6枚になるように補充する)

次のプレイヤーはこれよりも大きなカードを
DSC00345.JPG

大きなカードを出していく
DSC00346.JPG

同じ数字なら まとめて 合計値として出せる
DSC00347.JPG
”6”を2枚で ”12”

で どうやってもカードが出せない場合(あるいは 出したくない場合)
DSC00350.JPG

出されたカードを失点として全て受け取る
DSC00351.JPG
これが1枚 マイナス1点になる

山札が尽きて
誰かの手札が尽きたらゲーム終了
失点の最も少ないプレイヤーの勝ち



コメント

ルール読んだ最初の感想

なんだその運ゲー!?


いやまぁ実際 運もでかいのだけど
決して運だけのゲームではない

場にたまっていく失点カードは
皆が我慢すれば我慢するほど
致命的な失点にふくらんでいく

そしてそれを受け取るのは自分かもしれない

なので 手札の様子を見ながら
こりゃ この我慢大会は勝てそうもない と思ったら
早い段階で失点カードを受け取ってしまうのもアリなのだ

次のラウンドは失点カードを受け取ったプレイヤーからなので
手札を圧迫する邪魔な 数値の低いカードも処分しやすい

致命的な被害をうける前に こちらから引く
これが大事

なんだけど

あと一回しのげば バカを見るのは隣のプレイヤーかも

と カードを出してみたら

一周まわって でかい失点がこっちにドーン

なかなか引っ込みつかないんだよなぁ


簡単 手軽におもしろいので ボクは気に入りました


追伸:このゲーム しばらく品薄状態だったので
手に入れるのが困難だったのだが
テンデイズに入荷したっぽい

噂によると海外からかきあつめて 今ショップで扱ってるのは
テンデイズくらいなんじゃないか という 噂です 噂

http://shop.tendays.jp/66_154.html
posted by しみ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101754688
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック