2015年07月09日

ゾンビサイド拡張 ドッグコンパニオン&マーダーオブクロウ

ゾンビサイドの拡張
ドッグコンパニオン 及び マーダーオブクロウの和訳
(自分用に和訳して推敲してないので あまりアテにしすぎないでください)


ドッグコンパニオン
ドッグコンパニオンの装備について
ドッグコンパニオンは装備品カードである。
ドッグコンパニオンは、ドッグコンパニオンのカードを所持している生存者をハンドラーとして認める。
コンパニオンカードは通常の装備品カード同様、交換やゾンビに奪われる事がある。
このようにコンパニオンカードを失った場合、直ちに犬のミニチュアも取り除かれる。
この場合、貴方の犬は逃げてしまったという事だ。
各生存者はドッグコンパニオン1匹とゲームを開始する事ができる。
ゲーム開始前に、ドッグコンパニオンを選び、カードを所有しておくこと。
カードは装備する必要はない。犬のミニチュアはハンドラーと同じゾーンからスタートする。
ゲームを通して、生存者は捜索や他生存者との交換によって複数のドッグコンパニオンを率いる事が可能である。つまり群れを率いる事が可能なのだ。
ミッションによっては、ドッグコンパニオンを装備品デッキに置いたり、目的に関連付けたりする場合があり、それに関してはミッションのスペシャルルールに従う事。

ドッグコンパニオンの特徴
ドッグコンパニオンは:
1-生存者である
2-1枚目の負傷カードを受け取った時点で死亡しゲームから取り除かれる(対応するカードは捨て札にする)
3-”Slippery”と”3 Zones per Move”の能力も持つ
4-同じゾーンに居るハンドラーに”+1 die:Melee”の能力を与える
5-ハンドラーと同じゾーンに居る限り、ハンドラーと共に移動する事が出来る(アクションを消費せずに)。以下のケースの場合、全ての特殊ルールや移動に関する能力もハンドラーの使役する犬にも適用される(”2 Zones per Move Action”等)
6-装備品置き場を持たない。

ドッグコンパニオンはアクションを持たない。ハンドラーは自分のアクションをドッグコンパニオンに与える事で、命令する事が出来る。1アクション与えるごとに、下記の命令を実行させる事が出来る。

移動(最大で3ゾーンまで)
近接攻撃(カードの近接攻撃の項目参照)
騒音をたてる
車に乗り降りする。運転は出来ない
捜索。犬は1枚だけ装備品カードを所持する事が出来る(使用はできない)。装備品カードをドッグコンパニオンカードの下に置く。ドッグコンパニオンはいつでも、同じゾーンに居るハンドラーに、所有する装備品カードを自由に渡す事が出来る。また、いつでも所有する装備品カードを捨てる事が出来る。

モークの特殊ルール
モークは「捜索」を実行できないが、同じゾーンにいるハンドラーに”+2 dice:Melee”スキルを与える事が出来る。


マーダーオブクロウ
1-殺人カラスは標的に向かって最大で3ゾーン移動します。移動をはじめる前に移動先を決定します。カラスはそこに向かって移動し、移動中に他の目標が現れたとしてもコースは変更しません。目標地点を決定する際に分裂する必要があるならば、グループを分裂させます。ただし、移動中は分裂しません。殺人カラスは1回のフェイズ中に1つのアクションしか実行しません。移動するか、攻撃するかです。

2-殺人カラスはtoxic walkersと同じ”優先順”で、殺害するのに必要なダメージは1です。空飛ぶペストである”殺人カラス”は移動する際に、移動の妨げになる障害物を全て無視します(バリケード、閉じたドア、穴の空いたゾーン、observation tower、壁)また、そのゾーンに留まる事を防止するような効果(ガレキ、セキュリティゾーン)も無視します。
posted by しみ at 15:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ボードゲーム
この記事へのコメント
はじめまして。
これの和訳欲しかったのでとっても助かります!
ありがたく使わせていただきます。
Posted by しょうゆ男 at 2016年05月19日 11:06
>しょうゆ男さん
ありがとうございます!
そういってもらえるとうれしいです
Posted by しみ at 2016年05月19日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/150530546
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック