2015年08月16日

ライアーダイス

ライアーダイスじゃないよ ライアーダイス
ブラフやDUDOとも違うやつ でも趣向はだいたい同じ
DSC02722.JPG

サイコロを使ったダウトと言えばだいたい分かると思う

【用意するもの】
・サイコロ5個

適当な方法でスタートプレイヤーを決め

スタートプレイヤーは他のプレイヤーに見られないように
手で隠すなり ダイスカップを使うなりして ダイスを振る
DSC02723.JPG

自分だけ目を確認したら 役を宣言する(役はダイスポーカーの役を使用 後述します
これは 実際に出た役でもいいし ぜーんぜん関係ない役でも良い
ld01.jpg

これに対して次のプレイヤーは
・受け入れる(アクセプト)
・チャレンジ(≒ダウト)
のどっちかを宣言する

”チャンレジ”した場合
ld02.jpg

ダイスを公開し
前のプレイヤーの宣言以上の役であれば チャレンジ失敗
ld03.jpg

チャレンジしたプレイヤーの脱落
ld04.jpg

前のプレイヤーの宣言未満の役であれば チャレンジ成功
ld05.jpg

前のプレイヤーの脱落
ld06.jpg


”受け入れた”場合
前のプレイヤーのダイスを そのまま受け取り(他プレイヤーには見られないように
ld07.jpg
そのダイスの中から 任意のダイスを振り直す
(全部でも良いし 一個も振らなくても良い)
この時 振り直す個数は正直に皆に申告する事

で また役を宣言するのだが
この時 前のプレイヤーよりも 大きな役でなければならない


以下繰り返し

最後まで残った一人が勝利


するのだが 先日居酒屋で
サイコロで負けた奴が 次に注文する料理をおごる
という遊びをやったらこれがおもしろくて

この場合は
最初に脱落したプレイヤーが奢る
が 良さそうだ

ただまぁ 最後にまとめてお会計 な居酒屋だと計算がすばらしくめんどうくさいので
注文と同時に支払いをするタイプのバー
具体的に言うと 神楽坂のロイヤルスコッツマンなんかが丁度いいんだ!
そしてここに行けば必ず飲める PUNK IPAなるビールが
僕は超好きなので みんな飲めばいい!


最後にダイスポーカーの役
上から順に 弱い役から強い役

ワンペア:同じ目が2個   例:1-1-4-5-6

ツーペア:ワンペアが2セット
例:1-1-2-2-5

トリプレット:同じ目が3個
例:1-1-1-5-6

ストレート:連番が5個
例:2-3-4-5-6

フルハウス:ワンペアとトリプレットの組み合わせ
例:2-2-4-4-5

フォーオブアカインド:同じ目が4個
例:4-4-4-4-5

ファイブオブアカインド:同じ目が5個
例:3-3-3-3-3


なお 同じ役でも あぶれたダイスの目が1つでも上なら 上の役になるので

2-2-3-3-4よりも
2-2-3-3-5の方が強い

ここらへんのこまかーい部分が大事になってきたりするので
役を宣言する場合
2と4のツーペアと3
みたいに きっちり宣言しましょう(酒飲みながらできるか怪しくなってきたな
posted by しみ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/161616538
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック