2016年07月13日

CRISIS


クライシスと言っても 透明筋肉スーツに身を包んで宇宙人と戦うあのゲームの事じゃありませんよ
不景気真っ只中の未来世界を舞台に
投資家となって経済の建て直しをはかるボードゲームのキックスタータープロジェクト
CRISIS

AXIA の経済状況をどうにかしたいっていう設定っぽいのだが
AXIAが企業なのか国家なのかその前提部分を読んでないのではっきりわからんのだけど
多分EUみたいなもんでしょう
(それとも架空のアジアか?)

キックスターターのボードゲーム企画は大抵ミニチュアを大量につけて
ミニチュア大好きマンから大量の金を集める場合がおおいのだけど
たまにこういう いかにもボードゲームらしいボードゲームが出てくると気になってしまう

基本システムはワーカープレイスメント
ボード上に色々なアクションが用意されていて
ここに自分のコマを置くとそのアクションを実行できる
イス取りゲームでそれぞれイスに異なるお菓子が置いてある ってのを想像するとわかりやすいか?

できるアクションは
・チャンスカードを引く
・スタートプレイヤーになる
・借金(返済しないと毎ラウンド10%の利子が発生する
・労働者の雇用
・企業の買収
・リソースの生産
・リソースの輸入
・リソースをエネルギーに変換
・リソースの売却

以上の8つ
基本的には企業を買収し
労働者を雇用し
企業を稼動してリソースを生産し
これを売却して勝利点と金を獲得する

余剰資金でさらなる企業の買収と労働者の雇用 そして生産
ってのを繰り返して 最も多くの勝利点を稼いだプレイヤーの勝利

ただまぁ ”不景気”ってのをテーマの1つにしてるだけあって
スタート時の所持金が20
で 企業の値段が10前後
労働者の値段は5からスタート
(プレイヤーの勝利点があまりに低いと景気が悪くなり 雇用コストが安くなる やったね!)
企業の稼動には労働者だけでなく 特定のリソースやエネルギーが必要で
これを輸入すると 1〜12金を消費したあげく 貿易赤字を発生させたという事で失点まで発生する

20金ぽっちじゃ何もできないよ… とお思いのあなた
そこで借金ですよ
しかしラウンド開始時に利子として借金額の10%を返済できなければ 失点が発生
借金を全額返済するまでこの利子の支払いは毎ラウンドやってくる

これらの苦難をのりこえてやっと企業を稼動して 生産できるのは
リソース2〜3個だったり 1〜20金とかだったり

リソースの売却で手に入る金は輸入の半額


マゾゲーかな?


このゲーム 7ラウンドでゲーム終了なのだが
ラウンド毎に目標勝利点が設定されており
各プレイヤーの勝利点がこの目標値に達していない場合 景気が悪くなる
景気は3つのゾーンに別れていて 緑ゾーン 黄色ゾーン 赤ゾーン
赤は景気の悪い状態

景気が悪いほど労働者の雇用コストは安くなるものの
ラウンド開始時に景気に応じてなんらかのイベントが発生する
このイベントカードはまだ公開されてないので何とも言えないのだけど
景気が悪い時に起こるイベントが楽しいものって事はなさそうだ


ところで 舞台が未来世界なのはいいけど
未来っぽい要素なんか少しもなかったぞ
企業もルールブック見たかんじだと 銀行とか農場とか食料工場とか鉱山とか発電所とか
そりゃ未来にもあるだろうけど 未来の必要なくねぇ!?

唯一未来っぽいのは 低コストで何でもこなすが使い捨ての労働者がロボット


ところで英文ルールの翻訳にグーグルドキュメントを導入してみました
編集中ですが閲覧可能にしておきます
https://docs.google.com/document/d/13nW8lEffRo4mmPIh0OUr6sEj5fSdQhcNzGmoBsjudmg/edit?usp=sharing

posted by しみ at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176059545

この記事へのトラックバック