2016年11月18日

GILLGILL GK Esquisse Series #3 ライカンスロープ【 リビー 】

CxcsHiSVIAAlsKQ.jpg
もはやボードゲームでも何でもないんだけども
ボードゲーム→ミニチュア→ガレージキット
と連想ゲームで無理矢理かすってるし
たまにはボードゲームじゃない話もしたっていいさ俺の趣味のブログだし!

という事でガレキ始めました

先日 なんかウェブで見かけて うわ超かわいい!!と一目ぼれしたのがこちら
GILLGILL GKってショップで取り扱ってる 人狼のリビー(またボードゲームに掠ったぞ
原型制作:塚田貴士
全高約13cm
パーツ数 2

気がついたら注文してました
CxR0sxoWEAAijGt.jpg
CxTiaQVUQAAtuiN.jpg
CxTiaQYUQAA6sOA.jpg
CxTiaQYVIAAkRxc.jpg
全体的にラフなタッチで作られてるがむしろそこが良い
各パーツもややオーバーに表現されてて ミニチュア塗装からの延長で始めるには
いつもの具合で作業できそうでぼくにうってつけ

どうやらミニチュアゲームのミニチュアと違って
この手のガレージキットは多少勝手が違うようなのだけど
まぁ大体一緒みたいで(どっちじゃ

バリとパーティングラインを丁寧に処理し 一部妥協し パーツの接合部に針金をねじこむ

ミニチュアよりも丁寧に洗浄しないといかんらしく
離型剤とかいう なんか 油がぬったくってあるらしく
そのままじゃまともにサフも吹けないそうで

中性洗剤とクレンザーをまぜたやつで 歯ブラシ使ってゴシゴシ洗う

で サフを吹いた状態がこちら
DSC04508.JPG

鼻の横のでけーイボみたいのはピアスだ イボじゃない

顔を塗るときに邪魔なのでいったん腕をひっこぬいて 顔にベースカラーをのせる
DSC04515.JPG

首から下は追々塗るのでいったん保留

シェイドをぶっかけ
DSC04518.JPG

影になる部分をのぞいて 1段階明るい色を
DSC04520.JPG

額と頬と鼻と顎なんかの 出っ張ってる部分を さらに明るくして
CxY9w-WWgAAHwjL.jpg

グレージングカラーの赤で目の周りと口元を少し赤く
DSC04522.JPG

細部を描き込んで…
CxduhCTVQAQ1d6A.jpg
ぐあああああああああ 最高だああああああああああ!!!

と 完成はしてないんだけど 我慢できないから途中経過まで

ガレージキット最高じゃん 超楽しいよ
特にこのモデルは筆塗りとえらく相性のいい造形しててイイ
本当はもっときっちりパーティングラインの処理とかした方がいいんだけど
筆塗りならそれほどは目立たないから別にいいやの方向で

なんかガレージキットって言うとホビージャパンの巻末に載ってた
ドスケベフィギュアしか頭になかったから こういうのもあるんだなってちょっとした革命だよ

あと気になってるのがdominic qwekって人の(しばらくdemonicと思い込んでた
エイリアンのガレキも超イカス
http://geccodirect.ocnk.net/product-list/1

ミニチュアゲーム たとえクソゲーでもかっこいいミニチュアがたくさん手に入ると思えば
もはや面白いかどうかは大した問題ではないよね! って詭弁を弄してきましたが
もはやゲームですらなくても構わない状況に突入いたしました

ガレージキットの即売会 ワンフェス 次の開催は来年の2月らしいので
行くわ おれ行くよワンフェス 

追伸:
完成しました
C2CKDOHUkAA1Iko.jpg
C2CKDOGUoAAYY9N.jpg

最高

posted by しみ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177712731
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック