2013年06月30日

ボードゲーム「ビッグチーズ」

10匹のネズミをプロジェクトにうまく割り当て お金を儲ける
ビッグチーズ
メーカー:Cheapass Games・New Games Order デザイナー:James Ernest&Jon Wilkie
プレイ人数:3〜6 プレイ時間:約30分
3star.png
P6302287.JPGg2.jpg


どんなゲーム?

毎ラウンド オープンされるプロジェクトを競り落とす
プロジェクトが完了すると そのプロジェクトの大きさに応じてダイスを振り
この出目の数だけ勝利点を獲得する
勝利点が40点に達したプレイヤーの勝利


コンポーネント

チーズ型の缶がかわいい
中身はけっこうギチギチに詰まってる
P6302289.JPG
ビニールの小袋が最初から入ってるのは気が効いてるのだが
かえってコレのせいで余裕がないので 僕はポリ袋全部捨てた

中身
P6302290.JPG

木製のネズミコマ
P6302293.JPG

残りは全てカード ルールも勝利点トラッカーもカード あと広告
P6302294.JPG



ゲーム内容

まず 山札からプロジェクトカードをオープン
これをネズミコマを使って競る
P6302296.JPG

競り落としたプレイヤーは 競りに使ったコマを全てプロジェクトカードに乗せる
P6302297.JPG

ラウンド終了時に コマが1つ手元に戻ってくる
P6302298.JPG

全てのコマがカードから取り除かれたら
プロジェクトカードの数字に応じたダイスを振り 出目を勝利点とする
P6302300.JPG
この場合は8面ダイスを振り 3点獲得

40点先取で勝利
P6302301.JPG


プロジェクトを同時に進行させていると ラウンド毎に手元に戻ってくるコマも増える
P6302302.JPG


山札の中には プロジェクトカード以外に
ダイスを振りなおしできるカードと 競りにあがってるプロジェクトを却下できるカードもある
P6302303.JPG



コメント

どんだけでかいプロジェクトを競り落としても ダイスの出目次第では1点だったりするので
結局 運ゲーじゃん という印象を受けるが

ダイスは何度も振れば 出目は安定するものなので

複数のプロジェクトを競り落とし どんどんプロジェクトを完了させるといいのだろうな

が そういう地道な仕事が 1発のでかいプロジェクトで
ひっくりかえったりする博打性も楽しさの内

コマを競りに使いすぎると 次のラウンドの競りで勝負にならなかったりするので
いかにコマをマネージメントするかが肝

ただ5人で遊んだ時の印象では 40点は若干たかく 冗長になる印象があるので
プレイヤー間で調整してもいいかも




posted by しみ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70254507
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック