2013年10月21日

ボードゲーム「ゾンビサイド」

ゾンビが大発生した街で
銃やチェーンソウを振り回して大暴れ
デザイナー:Raphaël Guiton・Jean-Baptiste Lullien・Nicolas Raoult
プレイ人数:1〜6 プレイ時間:約60分
4star.png
PA203160.JPGg6.jpg

どんなゲーム?
今まで紹介してたボードゲームは基本的に
ドイツのボードゲームで その洗練されたゲームシステムが特徴の1つなのだが

これはアメリカのボードゲーム
ストレートなルールと サイコロ大好き! が特徴

脳みそを酷使する必要がなく
迫り来るゾンビを皆でなぎ倒し スリルを共有するタイプのゲーム



コンポーネント

日本の流通価格だと 1万越え
アメリカから輸入しても 定価が8000円はする

その分 コンポーネントは豪華だ

内容物
PA203162.JPG
ごちゃごちゃ多い印象を受けるが 基本的なルールはシンプル
言語依存もあまりない

マップタイル
PA203164.JPG
両面印刷のタイルが9枚 実質18種類のタイルを組み合わせて マップを構成する
アートワークも緻密ですばらしー

トークン類
PA203166.JPG

カード
PA203168.JPG
ブリッジサイズのトランプに比べて小さいが マップがテーブルを埋め尽くすので
このサイズで正解だと思う

多種多様な武器!(の一部(つってもこれで7割くらいだけど
PA203169.JPG
ゾンビモノではお約束のチェーンソウ
ショットガン サブマシンガン
日本刀にフライパン!

戦闘はダイスロールによって成功判定をする
それぞれ使えるダイスの数や 成功となる数値 攻撃力が異なり
明らかに強弱はあるが 閉ざされたドアを破壊できる武器や
騒音を立てない武器もあり けっこうケースバイケース

フライパンは完全に残念武器だけど

武器以外のアイテム類
PA203170.JPG
言語依存するのは これくらいかな
それでも一度説明すればすぐ把握できるような内容(写真のは 日本語化シール作った

キャラクターシート
PA203171.JPG
基本セットに入ってるのはこの6人
それぞれ特殊能力を持ってる

PA203172.JPG
上部の数字は 何匹ゾンビを倒したか表すトラック
43でカンストおこすわけだが
こっから どれだけゾンビを倒さないといけないかお察し

一定数倒すと その下に記された 特殊能力を獲得できる

となると 倒せば倒すほどゲームがラクに! とはならない
戦局が長引けば 人間の存在に気付いたゾンビの集団が押し寄せてくるのだ

右下は装備品カード置場で アイテムを5つまで所持できる
PA203173.JPG

武器には両手持ちできる装備もあり 一度に攻撃できるチャンスが増える
PA203175.JPG

主人公達のミニチュア!
PA203176.JPG

それと大量のゾンビ!
PA203180.JPG

これがまた精巧にできてるんだ
PA203183.JPG


塗装するのたのしー
PA203187.JPG



ゲーム内容

プレイヤーは時計回りに
8つあるアクションの中から 3アクションを実行し
そのミッションの勝利条件を達成すれば勝利

毎ターン ゾンビはプレイヤーへ向かって移動し
また 特定の発生地点から ぞろぞろ沸いて出る

ゾンビに囲まれると そこからの脱出は困難を極め 2回攻撃を喰らっただけで死ぬ
回復手段は ほとんど無い
かといって あまり慎重にしすぎると ざくざく増殖するゾンビに取り囲まれて 圧殺される
すげースリリング


今回は全ミッションの中で最も簡単なステージ
チュートリアルステージを紹介
(他のミッションは だいたいマップタイルを6〜9枚使う)
PA203190.JPG
突如として大発生したゾンビによって 街がパニックに陥る中
オンボロアパートから 通りの向こうにある ここよりは丈夫そうな家に避難しよう
っていうミッション

スタート地点から 「移動」アクションを選び
PA203191.JPG

隣の部屋へ
PA203192.JPG

基本的にドアは鍵がかかっていて これを破壊できる武器が必要

何か武器はないかと 部屋を「捜索」
PA203193.JPG
斧GET

装備
PA203194.JPG

ドアを
PA203206.JPG

ぶっ壊す(家の中なんだから 鍵くらい開ければ? っていうツッコミは無しで
PA203207.JPG
斧は ドアを破壊するときに 騒音をまきちらすので 騒音トークンを配置
ゾンビは騒音に向かって移動する性質があるので できれば静かに行動したいところ

3アクション使ったので 次のプレイヤーに

ピストルGET
PA203200.JPG
このキャラクターは 「捜索」アクションに アクションを消費しない能力を持ってる

家の前でフラフラしてるゾンビの脳天をぶちぬいてやろう
PA203201.JPG

ピストルは 射程距離0〜1 ダイス1 成功4以上 攻撃力1
ちょいと頼りないが 遠くの敵を攻撃できるのはうれしい
PA203202.JPG

攻撃成功
PA203203.JPG

もちろんピストルを撃てば 騒音が出る
PA203205.JPG

経験地+1
PA203204.JPG

他のキャラクターも武器を持って合流
PA203208.JPG
キャラクター自信も 騒音としてカウントされるので
この場の騒音レベルは4

全員行動を終えたので ゾンビのターン
ゾンビは行動がシステムで設定されているので 1人でも遊べるようになってる
ゾンビの視界に 人間が居ない場合
PA203209.JPG

騒音レベルの多い方へ移動する
PA203210.JPG

そして 「発生」カードをドローし
PA203211.JPG
その数だけ ゾンビが発生する
この場合は 危険レベルが「青」の状態だったので(経験値が増えると 危険レベルも上昇する
ゾンビが2体発生
PA203212.JPG

より難しいステージだと ゾンビの発生地点が複数あるので
まぁ うじゃうじゃ発生して 「おえっ」ってなる



コメント

初めてチュートリアルステージを遊んだ時は
さくっとクリアできたので
おいおいなんだよ 随分ぬるいゲームだな!
IMG_0341.JPG
と思ったのだが

本番ミッションでこのありさま
IMG_0342.JPG
建物内ではアポミネーション(突然変異ですげー丈夫なゾンビ 通常攻撃では殺せない)に襲われ
なんとか脱出したキャラは取り囲まれて なすすべもなく死亡

別行動してた2人も万事休す
IMG_0343.JPG

うわーなんだこのマゾゲーは!?
って思って 説明書をよく見たら いきなりハードモードのミッションを選んでた
そりゃ死ぬわ

あらためて 初心者向けのステージを遊んだら
なんとかクリアできた
BWn1M19CUAAoJon.jpg
一人が建物の外にゾンビをひきつけ
その間に裏口から建物内に忍び込んで 目的達成の図


協力プレイのゲームでは これはかなり好き

あまりプレイヤー同士の直接攻撃を好まないドイツゲームだが
一方で 協力ゲームで うわこれはおもしろい! ってものがあまり思いつかない
協力ゲームなのに協力しすぎるのをルールで禁止していたり
一人の熟練者が皆を指揮すればそれでいいじゃん って思ってしまうのだ

このゲームのいいところは 良くも悪くも運次第で 明確な最善手が無いので
初心者が悪手を選んだところで なれたプレイヤーに
「おいおいそれはねぇだろうが!?」 と責められない
ミッションがクリアできなかったところで みんなで仲良死ねばいいのだ

多少乱暴な物言いだったが ダイスが上手いこと緩衝材になってくれてる印象を受けた
ロールプレイが楽しいゲームでもあるので
ごちゃごちゃリーダーシップとりたがる奴に従わないのも
ゾンビアポカリプスの世界では自然なんじゃなーいの


自分でもうまく整理できてないのだが
ぼくはドイツのボードゲームのダイスゲームは性に合わないことが多く(ヘックメックやらベガスやら)
最終的に運次第なら くじ引きで勝負きめれば? って思ってしまうのだが
この手のメリケンゲームは好きなんだよなー なんなんだろ


アマゾンのは和訳付属しないみたいだ
(というか 和訳付属するショップとかあんのか?)


ここで和訳ルール公開してる
死霊のニコ動

追記:よくも悪くも ゾンビが大量発生するのが楽しいゲームなので
毎ラウンド発生する ゾンビの発生フェイズとゾンビの移動が 結構大変
一人でそれ担当してたら えらい疲れた


関連記事
「ゾンビサイド」リプレイ
posted by しみ at 00:59| Comment(1) | TrackBack(0) | ボードゲーム
この記事へのコメント
アメリカじゃなくてフランスのゲームです。
Posted by ニコ at 2018年04月12日 13:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78706087
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック