2014年05月26日

ディプロマシー

話題のサークルクラッシャー
デザイナー:Allan B. Calhamer
プレイ人数:7(2〜7) プレイ時間:不明
3star.png
g9.jpg
DSC00113.JPG

どんなゲーム?

第一次世界大戦を舞台に
それぞれ列強を担当し 領土をめぐって戦争するゲーム

各ラウンドごとに

・皆で交渉
・自分の軍隊に与える命令をメモ→一斉公開
・各地で戦闘が起こったり 部隊が撤退したり壊滅したり

これをくりかえして
36ある補給地のうちの半分を獲得すれば勝利

ここまではなんてことない陣取りゲームなのだが

交渉フェイズでは
特定のプレイヤーだけで別室に行き 秘密の交渉をする事が可能なのだ

この秘密交渉がクセモノで
プレイヤーは陰謀と裏切りの嵐に放り込まれる

大変おもしろいゲームなのだが
精神力をすりへらし 友情関係に亀裂を生じさせかねないゲームなので
遊ぶ場合は覚悟するように



コンポーネント

中身
DSC00114.JPG
しぶい色調でかっこいー


簡易マップのメモ帳
DSC00115.JPG
計画を練ったり 交渉の際に使う


マップボード
なかなか巨大なマップだが コンパクトに収納できるのはうれしい
DSC00117.JPG
★マークの地域が補給地
補給地の数≒軍事力なので この取り合いになる

勝利条件はこの補給地を半数以上獲得する事だ


各種トークン類
DSC00116.JPG
ぶっちゃけトークンが少し大きめなので
一部の地域では はみだす事になる
個人的には木製キューブで作ってほしかったねー



ゲーム内容

・1つの地域に 複数の勢力が同時に攻め込んだ場合
数の多いほうが勝ち!

・同じ戦力の勢力がぶつかった場合は どちらもその地域に入れない


基本的にこれ

しかし互いの戦力は拮抗した状態から始まるので
じゃぁどうするかというと
他プレイヤーと結託して 他プレイヤーを叩く事になる

こんな感じにね
20140526.jpg
(これはオンラインプレイをする為に作った マップ)


と 他プレイヤーとの協力は必要不可欠なのだが
どういう風に動くかをみなの前で話すと作戦が筒抜けだ

なので別室で交渉するわけだが

部屋に戻ってきたらその交渉相手が 他プレイヤーに連れられて別室へ

戻ってきた2人は「交渉決裂だ」と口をそろえて言う

本当に〜?

この別室交渉というシステムが 他のボードゲームとの一線を隔すのだ

昨日の味方が今日の敵(いやそもそもみんな敵だけど
味方の味方もやっぱ敵

しかし裏切りを恐れて守りに徹すると まったく領土が増えていかないのだ
かといって信用しすぎると食い物にされる



コメント

ボードゲーム界のサークルクラッシャーと悪名高いこのゲーム
箱には「推奨年齢12歳以上」とか表記されてやがる

小中学生にやらせたら まず泣く子が出る
高校生にやらせれば 流血の恐れ

ぼくたちアラサーだから さすがにゲームごときでムキにならんでしょ

と思って遊び始めたら もう心労に耐えられねぇよ!

裏切られるのもつらいけど
裏切るのはもっとつれぇよ!


基本システムはシンプルなはずなんだけど
盤面が複雑に入り乱れるので 例外処理が少なくない
これがまたけっこう把握するのが大変で
そこでもリアルに揉め事が起こりそうでおっかない


おもしろいんだけどね
おもしろいんだけどねー

もう3年は遊ばなくていいかな!

ボーナンザが遊びたい





友情破壊ゲームと言えば
「桃太郎電鉄」を思い出すわけだが…

あんなもんじゃねぇぞ
posted by しみ at 21:45| Comment(5) | TrackBack(0) | ボードゲーム
この記事へのコメント
>ボーナンザが遊びたい
この一文でプレイ感が完璧に把握できた
声が出る笑い
未経験だけど絶対遊ばないわディプロマシー
Posted by at 2014年06月03日 18:54
いや おもしろいんですよ!
ディプロマシー おもしろいんですよ!
1度はやるべきゲームの1つです!

でももうやりたくない!
Posted by しみ at 2014年06月03日 21:38
面白いけど二度とやりたくないってのは大陸産ボドゲ沼の典型例のような気がする
ちょこっと読ませていただいただけで「是非一度体験したい」し「絶対に関わりたくない」し「このゲーム専用の人脈がひとつ欲しくなる」のがグレイト
ディプロマシーはジャパン人向きではない感じがある
遊びで使い捨てできる人脈なんて島国にはないよ
Posted by at 2014年06月03日 22:19
初めまして
このゲームをしてみたんですけど全員集まるのがすごく難しく
オンラインプレイでしようということになったんですが、作り方がわからなくて...
紙魚さんが作ったのはどういう形のものなんですか?
文章分かりずらくてごめんなさい...
Posted by Peter at 2019年03月09日 04:14
人力で図を作って僕が結果判定とかしてました
なんかアプリやWebサービスがあるとか聞いたことあります
Posted by しみ at 2019年03月09日 10:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98089510
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック